美容皮膚科と普通の皮膚科との治療内容の違いは?

–¼Ì–¢Ý’è-2皮膚科では主に、皮膚病などを治療することが目的とされています。例えば、水虫やニキビ、湿疹、ほかにもイボやほくろなどを除去する際に皮膚科を受診し、治療を行ないます。一方で、美容皮膚科では、美肌になるために受診する病院だと言えます。例えば、肌のコンプレックスやトラブル、毛穴やシワ、たるみ、赤みなど皮膚病では無いものの自分の肌で気になる部分を治療していくのが目的とされます。メスを使った手術などは基本的には行わずに、塗り薬や飲み薬、注射、ケミカルピーリング、レーザーなどを使用して治療を行ないます。そのため、短い時間で施術が終わるのが特徴だと言えます。エステだけでは心もとないし、整形はちょっと抵抗があるけれど手軽に美しさや若さを手に入れたい、という女性が多く利用しています。また近年では、男性用に抜け毛治療を行なうところもあり、男女共に利用する場所にもなってきているのも特徴でしょう。このふたつの病院の違いとしては、皮膚科では保険が適用されますが、美容の場合では保険の適用が出来ないところもあるので、この点には注意が必要となります。カウンセリングや相談を行なっている病院も多くあるので、肌が気になる、という人は利用してみるのもひとつの手です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check