美容皮膚科でのニキビ治療中にホームケアで心がけたいこと

2014.9.17|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

Šî–{ RGB最近は大人の女性でもニキビに悩む割合が非常に高くなっているようです。大人のお肌にできるものは、若い思春期のお肌にできるものとは原因も全く違うので、繰り返し同じところにできたり、なかなか治りにくいことが特徴だと言われています。できるだけ早い段階で、潰さないように刺激を与えず治すことが大切で、時間がかかればそれだけ醜い痕になって残ってしまうことも多く、さらに新しい肌悩みを抱えてしまうことにもつながりかねません。化粧品メーカーも、この肌悩みに特化したスキンケア化粧品を研究開発しているようで、巷には専用のアイテムが次々と登場しており、こういったものに切り替えてお手入れをしてみるのも一案ですが、それでもどうしても改善の見込みがない場合などは、美容皮膚科などの医療機関できちんとした治療を受けることが大切です。クリニックなどではできてしまっている患部に直接働きかけるケアと、黄色く膿を持った炎症した状態のものができている場合などは、抗生物質など身体の中からの治療も同時に行ってもらえるので、目に見える効果を上げることができます。こういった治療を受けているときのホームケアは、医療機関で出されたものを使用する場合もありますが、そうでない場合は、とにかく保湿をしっかりと行うように心がけましょう。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。