ケミカルピーリングの治療について

2014.9.17|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

ビューティー03ニキビが酷いときの皮膚科での治療で、グリコール酸によるケミカルピーリングを行うことがよくありますが、これは肌の表面にある古くなった角質を溶かして除去することで、肌のターンオーバーを促し、健康で生まれ変わった肌を手に入れるための近道です。
皮膚科での治療後は、いくつか注意点があるため、きちんとホームケアを行う事が重要です。
まず一つ目は保湿をきちんと行うことです。治療後の肌は大変敏感になっており、少しの刺激でも強く感じることがあるため、肌のバリア機能を正常に働かせるためにも肌の保湿が重要になります。
また、治療後最低一ヶ月間は日焼けをしないように、外出時は日焼け止めを塗り、出来れば日傘などで紫外線をブロックするのが重要です。これは紫外線が肌にあたると刺激になってしまうからです。
そしてフェイスパックや髪の毛のパーマ、カラーリングなども治療後一週間は行わないことが大切です。これも肌への刺激になる可能性が高いため、肌トラブルを防ぐためには守らなければいけない事柄です。
このように、治療後は様々なことを制約されてしまいますが、我慢した分治療後の肌は見違えるように美しくなるため、肌の状態に不満がある人は一度治療を受けてみると良いでしょう。受けたくても治療が受けられない場合があるので、まずは医師に相談してみる必要があります。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。