フォトフェイシャルの治療について

2014.9.17|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

ビューティー05フォトフェイシャルとは、医療機関で受けられる、光を使った美容治療で、レーザー治療とは違い、やさしい光を照射するので肌を傷つけることはありません。使用される光は、インテルス・パルス・ライト(IPL)と呼ばれる特殊なもので、主にメラニンに反応するという働きがあり、シミやそばかすの元である、沈着したメラニン色素に当たるとインテルス・パルス・ライトによるエネルギーが熱に変化してダメージを与え、コラーゲンを再生する繊維芽細胞を活性化するので、肌のキメが細かくなり、若々しい肌が蘇ります。肌に安全で有効なもののみを照射するので、施術後に炎症が起きたり、かさぶたができるといったことがありません。

しみやそばかす、しわやたるみ、にきびやにきび痕、赤ら顔や毛穴などに効果があります。
顔全体に、肌に照射することで、肌がもともと持っている肌の自己再生力が高まり、ツヤとハリ、潤いが蘇ってきます。

この治療の一番の魅力は、様々な肌の悩みを同時に解消させて、美肌にすることができるということです。波長の幅が広いため、高い美肌効果を得ることができます。また、メラニンにダメージを与えることでシミやそばかすを改善すると同時に、コラーゲンを生成する真皮層の細胞も活性化され、しわや肌質そのものにも効果が表れ、キメの細かな肌に変化していきます。

また、レーザーのように皮膚の表面を傷つけることがないので、肌へのダメージが少なく、かさぶたができたり、炎症が起こることもありませんし、施術時間も短く、痛みもほとんどありません。治療直後すぐに洗顔やメイクができるという点もメリットといえます。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。